朝、起きられない、 何もやる気がしない、このままではまずいと思うけれど、 どうしていいかわからない・・

通院・服薬しているけれど、なかなかよくならない、もっとしっかり治したい・・

そんなあなたのためのカウンセリングです。

 

「~しなければならない」と考えているかぎり、あなたの心のエネルギーはなかなか回復できません。

どんなに休んでも、残念ながら、そのままではあまり変わらないのです。

「~したい!」「こうなったらいいな!」という前向きな気持ちこそが、うつからの真の回復の決め手です。

自分回復カウンセリングは、ネガティブなぐるぐる思考をストップし、ポジティブなわくわく思考を引き出します。

会社に行けなくなってしまったあなたへ

今、あなたは、自分を責めてばかりで、 自分のことが情けなくて、心底おつらい状況かもしれません。ですが、こうなったのは、あなたのせいではないのです。あなたは何も悪くありません。

私はこれまでそういう方の、涙が止まらない状態から元気に活動されるまでを見守ってきましたので、何が原因で、どうすれば元気を回復されるのか、そのプロセスがわかっています。

 

今、あなたは人生の転機を迎えています。 そして、この試練を乗り超えると、人生が変わります。
今の状態から抜け出して、自分らしい人生を生きたい方、「ねばならない」ばかりの憂鬱な人生から、「したい!」でいっぱいの人生にチェンジしたい方。ぜひ、ご相談ください。

 

お申込みボタン


体験者には、こんな人たちがいます。

 

・SEとしてがんばっていたけれど、仕事が手につかなくなり、うつで休職。通院とともにカウンセリングで自分を回復され、食にかんする仕事がしたいと転身を決意、カフェで働き、新たなキャリアに挑戦する30代女性。

・大学に行けなくなり2年間、ひきこもっていた20代女性が、カウンセリングで自分を回復され、子どもに英語を教えたいと前向きに勉強開始、母親との関係も改善した。

・会社をやめ、うつで寝てばかりいた20代男性が、カウンセリングで自分を回復され、いったんはあきらめていた教師をめざして大学再入学。

・職場で激しいパワハラにあい、失意のうちに会社をやめ、うつ状態に。通院とカウンセリングで自分を回復され、得意の英語力をいかして独立開業を決めた50代女性。

・家族の幸せのために真面目に働いていたが、責任あるポジションに抜擢されてから体調悪化、うつで休職。カウンセリングで自分を回復され、もっと自由奔放に生きたいという自分の本音に気づき、好きだった音楽活動を再開。やりたいことと仕事の両立をはかっている30代男性・・・

 

「体験者の声」はこちらから。

 

お申込みボタン

 

 

 

 

自分回復カウンセリングで伝えたいこと

心のエネルギーをいかに回復させるか

朝、動けなくなったり、やる気がなくなったり、外に出られなくなるのには、わけがあります。

あなたは子どものころから、無意識のうちに、自分の気持ちよりも、親や周囲の人の考えや期待を優先してきたのではないでしょうか。自分が「したい」ことよりも、「しなければならない」ことを優先してきたので、知らぬ間にだんだん疲弊し、心のエネルギーを消耗してしまいました。
「したい」ことをわくわくとやっていれば、心のエネルギーは100パーセントに満たされています。多少のストレスがあっても、たいしてダメージを受けません。でも、「しなければならない」ことをいくらやっても、エネルギーは減るばかりで、回復ができません。

心のエネルギーが50パーセントを切ると、会社をときどき休むようになります。

心のエネルギーが30パーセントを切ると、朝、体が動かなくなり、会社に行けなくなります。

さらにストレスを受けつづけると、心のエネルギーはゼロとなり、家から出られなくなります。

今、あなたの心のエネルギーは、何パーセントくらいでしょうか・・?

自分回復カウンセリングでは、あなたの心のエネルギーを回復させるとともに、これまで他人優先だった生き方・考え方を自分優先に切り替えていきます。そして、自分基準で生きる、あなたらしい人生を取り戻していきます。

 

他人基準から自分基準へ

幼い子どもは、親に愛されて生き延びるために、親の要求・期待にこたえてがんばろうとします。 そのとき、親子の性格の組み合わせによっては、 子どもが「良い子」になりすぎることがあります。つねに親の顔色をうかがっているうち、 何事も他人基準で考えるようになってしまうのです。

「自分回復カウンセリング」では、そんなあなたの「自分基準」を引き出します。 そして、あなたにとって、本当は何が大切なのかを確認していきます。

自分基準で動けるようになると、 人の目を気にせず、リラックスして、主体的になり、 真に自分らしく生きられるようになります。

たとえば、こんなふうに変わります。

 

1 自分を責めなくなる

他人基準で生きていると、 周囲の期待に応えられないと罪悪感を抱いてしまいます。自分基準で生きていれば、結果に自分で責任がとれるようになり、無用な罪悪感をもたずにすみます。

 

2 「ねばならない」で動くことが少なくなる

周囲の期待にこたえるために、本当はやりたくないのに一生懸命がんばってしまうという状況が減ります。周囲の人がどう思うかを気にせずに、あなたがしたいと思うことができるようになり、それまで感じたことのなかった充実感や手ごたえが得られます。

 

3 合わない人にむりに合わせなくなる

合わない人に合わせているとひどく疲れるのに、相手の気持ちを考えてこれまで断れませんでした。自分の気持ちを優先するようになると、むりをするのはやめようという選択ができるようになります。自分ばかり消耗するようなつきあいを避けるようになり、ストレスが減って、心身が健康になります。

 

4 不安になっても、気持ちが切り替えられるようになる

他人基準だと人の評価が気になりますし、人の考えは自分ではコントロールできないので、不安が止まりません。自分基準で動けるようになると、いっとき不安に陥っても、「大丈夫、なんとかなる、そんなに心配する必要はない」と思えるようになります。

 

5 人間関係で緊張することが減って、体調がよくなる

他人の評価を気にしていると、不安で胸がもやもやしますし、人の目がこわくなって緊張しがちです。過緊張は、頭痛・腰痛、めまい、吐き気などを引き起こします。自分基準で主体的に生きるようになると、気分が晴れやかになり、リラックスするので、体調がよくなります。

 

6 自分が何をしたいのか、わかってくる

いままでは周囲の意見に合わせていたので、自分の本心がわかりにくくなっていました。何が食べたいのか、どこに行きたいのか・・自分の好き嫌いや、何をいやだと感じるのか・・そんなことが、だんだんはっきりわかってきます。 そして、どんなふうになれたらうれしいか、自分の「夢」を具体的にイメージできるようになって、わくわく感を持てるようになります。

 

7 人の評価が気にならなくなる

あなた自身が満足する感覚を知れば、人は人、自分は自分、と思えるようになり、 自分の評価のほうが大切になって、人の評価にふりまわされなくなります。 人に評価されないと「自分はだめだ」と落ち込む、ということもなくなります。

 

8 自分に自信がもてるようになる

自分の気持ちを優先できるようになると、あなた自身で決断するので自分の行動に責任をもてるようになります。自己嫌悪や罪悪感を抱くことがなくなり、だんだん自分に自信がもてるようになります。

 

9 自分のことが好きになる

他人基準だと罪悪感と義務感で生きていますから、楽しくないし、他人の期待に100パーセントこたえることは無理なので、自己評価が低くなり、自分が嫌いになります。 自分基準で生きていると、自分で選んだことであれば、たとえ失敗に終わっても納得がいきますので、しだいに不完全な自分を受け入れられるようになり、自分が好きになります。

 

10 信頼できる親密な人間関係が築けるようになる

他人基準で、人の評価を気にしていると、人がこわいと感じるので、なかなか信頼関係が結べません。相手との力関係によって、支配・被支配関係になってしまうことが多いのです。自分基準で生きられるようになれば、人を信頼できるようになり、対等な信頼関係が築けます。
 

ご予約はこちらから

自分回復カウンセリングの手順

 

image10
ステップ1―ゆっくり休んで身体の声を聴く

ぐるぐる思考を止め、自分を大切にする方法をお伝えします。長い間、人が喜ぶことばかりしてきて、あなたは疲れてしまいました。心身を回復させるために、こんどは自分が喜ぶことをしましょう。頭で考えずに、身体に聴いてみます。身体の声は潜在意識の声、心身がリラックスしていないと聴き取れません。

顕在意識は5パーセント、潜在意識が95パーセントと言われます。
耳を傾けるべきは顕在意識(左脳の指令)ではなく、潜在意識(身体=本当の自分)のほうです。

まずはリラックスして、あなたの潜在意識、心の声をご一緒に探っていきましょう。

ステップ2-意識のスイッチを切り替える

悩んでいるときって、自分のことばかり考えていませんか? 自分はちゃんとできているだろうか? 人からどう見られているだろうか? 意識が内側にばかり向いていますね。人間の脳は単純で、自分の外側を観察しているとき、同時にくよくよ悩むことができません。自分の外側に意識を集中させる時間を増やすと、悩む時間が減ります。

また、ときには自分の外側に出て、離れたところから客観的に自分を眺めてみると、意外な気づきがあります。

現在は苦しい状況にありますが、ずっと同じということはありません。いつか事態は変わります。どうせなら、ウン年後、何もかも思い通りになって、夢がすべてかなっている、理想の自分を想像してみませんか。

あなたはどんなふうになったら、いちばん気分がいいでしょう? 理想が実現している状況を具体的にイメージして、最高の気分のあなたになりきってみましょう。そんな最高の気分のあなたから、今のあなたにアドバイスするとしたら、なんて言ってあげられますか?

ステップ3―思考と感情をコントロールする

感情とは、出来事のせいで生じるのではなく、その出来事をどう受けとめるかという、思考の結果です。ですから、思考をコントロールできれば、感情もコントロールできます。いつもの思考のクセから脱して、物事をちがう視点から見ると、思考が変わります。どんな出来事にも、かならずポジティブな側面があるからです。思考をコントロールできれば、ネガティブな思考と感情に圧倒されることはなくなります。

ステップ4―人生の足かせをはずす

人は幼児期に、日々の体験にもとづいて、自分がどう生きるべきかという決断をします。母親が苦労していてかわいそうだと感じて「わたしはお母さんを守らなければならない」と決意したり、男の子ならよかったのにと何度も言われたせいで「男に負けてはいけない」と決めるなど、さまざまな決断があります。その決断が潜在意識に刷り込まれてビリーフとなり、その後の人生の足かせになることが多々あります。

たとえば「人を信用してはいけない」というビリーフがあると、無意識のうちに自分を裏切るような人を選んでつきあい、裏切られて、「やっぱり人は信用できない」とビリーフを強化していくわけです。

この足かせをはずしていくと、人生がらくになり、より自由に、あらゆる選択ができるようになります。
未処理のトラウマ感情を解放したり、潜在意識に働きかけるなど、いくつかの技法を用いて、あなたの足かせをはずしていきます。

 

image9ステップ5―いちばん大切なことを意識する

わたしたちはふだん、人間関係や、仕事のトラブルなど、目の前の問題で頭がいっぱいになっています。でも、人生とは、それだけではないはず。ひとりひとりの価値観や、人生観があってこそ、人がどんなふうに生きるかが決まってきます。

あなたにとって、何がいちばん大切なのか、そしてどんな人間として生きたいのか・・。ふだん、なかなか考える機会のないことを、ご一緒に、ゆっくりと探っていきます。それがわかると、目の前に立ちふさがる様々な問題が、たいしたことではないように思えてきます。

自分にとって大切なことをつねに意識していると、いつまでも悩んでいられなくなるのです。

 

ステップ6―はじめの一歩を踏み出す

あなたの人生のゴールって、なんでしょう? 最高のゴールが何か、考えてみましょう。とてもありえないようなことでも大丈夫。こうなったらすごくうれしい! というゴールを具体的にイメージします。

すでにその夢が実現しているつもりになって、そのときに感じるわくわく感、至福感をじっくりと味わいます。そして、その実現にむけて、いまできることはなんだろう? と考えてみます。

ほんのちょっとしたことでかまいません。それが、あなたにとっての夢実現のための、「はじめの一歩」になります。はじめの一歩がわかったら、それをさっそくやってみましょう。わくわくして夢実現に向かいはじめたら、もう大丈夫。あなたは新しい人生を歩み始めています。

ご予約はこちらから

他のカウンセリングとどう違うか

1 潜在意識と感情を重視しています

本来のその人らしさは、意識(思考)ではなく、潜在意識のなかにあります。 意識(思考)を黙らせて、ゆっくりと潜在意識にはたらきかけ、思わずぽろっと出る言葉や感情を大切にしながら、ご本人がこれまで気づけなかった自分らしさを引き出していきます。
また、多くの日本人が、ネガティブな感情を抑圧しています。怒りを抑圧すると怖いものが増え、恐怖を抑えていると過緊張となって、めまいやしびれ、頭痛などの不調を引き起こします。その人のありのままの自然な感情に気づき、認め、たまった感情エネルギーを健全なかたちで放出し、処理することで、お楽になっていただきます。

 

2 症状にとらわれません

うつになる人、パニックになる人、ひきこもりになる人、強迫性障害になる人、心身症になる人……人により症状はさまざまですが、表に出ている症状に合わせて対症療法を考えるのではなく、本来のその人らしく生きてこられなかったためにさまざまな症状が出ていると考えるので、どんな症状であれ、クライアント様に向き合うときの軸がぶれません。

 

3 特定の療法にこだわりません

傾聴派や精神分析派に属さず、NLP(神経言語プログラミング)、ビリーフチェンジ、フォーカシング、交流分析、ゲシュタルト、認知療法、行動療法から、タッピングやTRE(トラウマリリースエクセサイズ)、温熱療法などの生理学的なアプローチまで、クライアント様おひとりおひとりに合わせて、柔軟に対応できます。
絶対的に万能という魔法の療法はありませんが、頭で納得したい方には認知療法でロジカルに、感覚的に腑に落ちるタイプの方にはNLPやイメージワークで変化を感じていただくというように、さまざまな療法を試していただけます。

 予約方法

 

営業時間 平日・土日10:00 ~ 20:00(最終開始時間19:00)
定休日 祝日
対面カウンセリング:120分×1回 20,000円(消費税込み)※当日、現金にてお支払いください。
対面カウンセリング:120分×5回コース 80,000円(消費税込み)
対面カウンセリング:120分×10回コース 150,000円(消費税込み)
電話・スカイプ:60分 10,000円(消費税込み)
電話・スカイプの場合、ご予約申し込み後の返信メールにて振込先をお知らせしますので、ご予約日の2営業日前までにお振り込みください。入金確認をもって予約成立とさせていただきます。
なお電話カウンセリングの通話料は、クライアント様のご負担となります。
予約の手順 ・当サロンのカウンセリングは完全予約制です。
・ご自身の意志で、主体的に取り組んでいただける方に限らせていただきます。
・メンタルクリニックや心療内科に通院中、服薬中の方のカウンセリングもお受けしています。
・自分回復カウンセリングは6ステップからなりますが、どのくらいの期間でそれぞれのステップをクリアしていけるかは、ケースバイケースとなります。
・初回は「ご予約フォーム」に必要事項を入力のうえ、送信してください。
48時間以内にお返事をさしあげます。ご質問等ございましたら、そのさいにメールでお気軽にお問い合わせください。
・電話でのご予約申し込みも受け付けておりますが、電話に出られないことが多いため、なるべく「ご予約フォーム」からお申し込みください。
・ご予約日時が確定しましたら、カウンセリングをスムーズにすすめるための事前アンケートをメールにて送らせていただきますので、ご無理のない範囲でお答えいただければ幸いです。
・クライアント様の心身の安全を最優先するために、やむなくカウンセリングの中止・中断、危険回避のための第三者の介入という判断をさせていただくこともございます。
以上をご了承のうえ、お申し込みください。

 

お申込みボタン

 


 

当日は――

どうぞお気をつけていらしてください。

初回は、お話をじっくりうかがい、こちらでご提供できることについてご説明いたします。
そして、回復への手がかりやヒントとなる情報をお持ち帰りいただいています。

 


 

2回目以降のご予約は――

セッションでお会いしたとき、あるいはメールでのお申し込みが可能です。
追って、ご予約日時の確認のメールをお送りします。

なお、遠方の方のために、メールによるカウンセリング・日常的なフォローもおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

 

ご予約の変更・キャンセルは、前日正午までにメールにてお申し出ください。
連絡なくキャンセルされた場合、再度のご予約が受けられないことがありますので、ご注意ください。