「不登校・ひきこもり:だれも言わない『本当の原因』と『真の解決法』」DVD(2枚組)および動画の販売をさせていただきます

こんにちは。高橋リエです。

 

不登校やひきこもりは、いったい、なぜ起こるのか。

どうすれば、二度と再発しない、本当の解決ができるのか。

それをお伝えするDVD、そして同内容の動画の販売を、開始させていただきます。

 

お申し込みフォームは、こちらです)

※動画をご購入される方は、こちらをご覧ください。

 

 

2019年5月12日に、東京にて、セミナーを開催いたしました。

不登校・ひきこもりーーだれも言わない「本当の原因」と「真の解決法」

(同内容のセミナーを、5月26日に、大阪でも開催いたしました)

 

不登校やひきこもりを引き起こす、本当の原因は、

親の潜在意識にあることと、子どもの神経疲労

という、どちらも目に見えない、わかりにくいことです。

また、親の潜在意識にあることは、頭で考えていることと

真逆であることも、よくあります。

そのため、親が適切な対応ができずに、長期化しやすいのです。

 

このDVD、および動画を視聴していただくと、

お子さんの不登校が、まだ初期(3か月以内)の方は、

どうすれば、長引かせずに、解決できるかがわかります。

 

お子さんの不登校が、中長期にわたっている方は、

どうすれば、お子さんが、真に回復して、元気に

自分の人生を歩んでいけるようになるかが、わかります。

 

 

東京と大阪で、ご参加くださいましたみなさま、

本当に、ありがとうございました。

 

わたしもかつて、子どもの不登校を経験しました。

「なぜ、うちの子だけ、学校に行けないの?!」

というショックで、初期の頃は、まちがった対応ばかり
していました。

子どもの問題ではなく、自分の問題なんだ!

とハラに落ちるまでに、3年くらい、かかったのです。

そして、自分の問題に取り組み、不安や焦燥感がなくなるまでに、

さらに、2年くらい、かかりました。

いま、子どもたちは、自分の生きる道を、試行錯誤しながら、

マイペースで、進んでいます。

わたしは、不安なしに、日々を穏やかに暮らし、

子どもたちの将来を、心から、楽しみにしています^^

そんな自分自身の経験と、お客様の経験から、

「これこそが、正解だ」

と確信できたことを、すべてお話しています。

 

・学校に行かない子どもを、全肯定できるようになる。

・子どもが学校に行かない「本当の理由」が、ハラに落ちる。

・家にひきこもっている子が、外に出るために必要なことがわかる。

・子どもが動きだすのを「のんびり待つ」ことが、できるようになる。

・たくさんの気づきをくれた子どもが、愛おしくなる。

 

そんな変化が起きて、親子の信頼関係が深まり、

親も子どもも、ともに成長していく。

そのための、DVDおよび動画です。

 

先日の不登校セミナーに参加しました、◯◯です。

貴重なお話を、ありがとうございました。

 

先生から「雰囲気が変わった」とおっしゃっていただいたこと、

とても嬉しく思っています。

 

個別カウンセリングでは、先生からズバッと「毒親宣告」され、

以前から、薄々自覚していたものの、

あらためて宣告されたときは、非常にショックを受けました。

 

ですが、ショックだけでなく、ホッとしたような感もありました。

 

まるで、覚せい剤中毒の人間が、警察に捕まって

「これで抜け出せる」と、希望を見出す心境に似ていました。

 

カウンセリング後、勉強、ピアノ、しつけなどの注意をやめています。

 

3日ほどで、長女から、「ママ、優しくなったね」と言われました。

(中略)

 

セミナーの後半で伺った、「毎日、子どもを喜ばせる」。

 

帰り道に「どうしたら、長女が喜ぶかな?」

とワクワクしながら、考えました。

 

そこで、長女が以前から欲しがっていた、

自転車を買うことにしました。

「お誕生日」でも「ご褒美」でもなく、

普通の日に、さりげなく買いました。

 

私用の自転車も買い、後ろに次女を乗せて、

毎日放課後に、いっしょに練習しています。

 

長女は心から喜んで、何度転んでも楽しいようで、

暗くなるまで、目をキラキラさせて、練習しています。

 

他にも、お菓子を山ほど買ってきて、

「お菓子食べ放題」もやってみました。

 

いままでは、食の安全を気にして、

◯◯のおやつしか、食べさせていませんでした。

 

長女は、お友達が食べている、

スーパーで売っているお菓子を食べたかったんです。

 

お菓子の山を見て、歓声をあげて、喜んでいました。

 

また、テレビ、DVD、マンガ本を、自由にさせました。

子ども2人がゴローンとできるスペースに、

長女は寝そべりながら、マンガを読むことが多くなりました。

 

家の雰囲気を、視覚的に変えるために、

カーテンを明るいものに変えたり、断捨離をしています。

 

そんなことをして過ごしているうちに、

私の気持ちが、変わってきました。

 

「私はこんなふうに、親に優しくしてもらってないのに、

なんで私は、子どもたちを喜ばせてあげなくちゃいけないの?

誰も私のことを、喜ばせてくれない!!」

と怒りや絶望の気持ちが、沸き起こりました。

 

夫は、月半分は出張、毎週◯曜日は◯◯のため終日不在です。

そもそも長女が生まれたときも、夫は◯◯に単身赴任でした。

 

思い出すと、夫に怒りがわいてきます。

夫はできる範囲で手伝ってくれているのですが、怒りがおさまりません。

 

でもこれも、父親が年中仕事だったことへの怒りかな?

とも思います。

 

また、私は◯◯の仕事をしていました。

仕事内容は、主に◯◯のサポートでした。

 

◯月のある日、「これ以上、他人の世話をできるか!!」

と突然退職届を出して、退職してしまいました。

 

我慢に我慢を重ねて、◯年間、勤めていましたが、

「いい人に思われたい」のをやめました。

 

セミナーでの、

「親がもっと生きるのを楽しんでほしいと、子どもは思っている」

との言葉に、

「あ~! 私、まさにそう思っていたな~」

と思い出しました。

 

セミナーでは、母親の視点で聞いたり、子どもの視点で聞いたり、

立場をグルグル変えながら、聞いていました。

 

ときどき、セミナーのメモを読み返していますが、

なぜかその都度、新しい発見があります。

 

数日前、◯歳の次女が、赤ちゃんごっこをして、

「ママ~、おっぱいちょうだい」とおっぱいを吸ってきました。

それを見た長女が「◯◯も~」と膝に乗り、おっぱいを吸ってきました。

 

ああ~、この授乳期に戻れたら・・とせつなくなりました。

 

おかげさまで、長女はいま、元気に学校に行っています。

毎日、運動会の練習で、汗だくで帰ってきます。

 

宿題はやらない(朝できたら少しやる)、家庭学習はやらない、

ピアノは気が向いたら。

毎日、玄関にランドセルを置きっぱなしで、自転車の練習です。

 

家では妹と遊んだり、漫画を読んだり、踊ったりして、過ごしています。

 

まだ◯◯は、あるようですが。

 

しばらくしたら、また高橋先生のカウンセリングに伺いたいと思っています。

貴重なお話、ありがとうございました。

 

こんにちは。

不登校のセミナーに参加させていただいた◯◯です。

お話を聞かせてくださって、ありがとうございました。 

 

子どもは本当に、親の姿をよく見ているのだな、と思いました。

 

それと同時に、自分のことを見て欲しい、わかって欲しい、

と思い続けているのだろうなと。 

 

私自身は、学校が嫌でも、我慢して通っていました。

ドロップアウトしてしまったら、

人にどう見られるのか、怖かったから、

嫌でも通いました。 

 

だから我慢せずに、学校や会社を辞める人が、理解できなかったんです。 

 

でも、今日のお話を聞いていて、腑に落ちました。 

 

学校より、親が怖かったから、

身体に鞭打って、通学や通勤ができていたんだなあと。 

 

実は、会社の元後輩が、新しい会社にも行けなくなって、

スマホばかりやっていて、昼夜逆転の生活を送っていたことを、

内心で責めていた自分がいました。 

 

たぶん、自分は我慢していたのに、後輩はずるい、

って、思っていたんだと思います(笑)

 

でも今日のお話で、「来週は会社に行く」と言いながら、

なかなか会社に行けない後輩の気持ちが、わかった気がしました。

 

やっぱり、それだけエネルギーが不足しているのですね。 

生きるエネルギーの円錐のお話が、とてもわかりやすかったです。

(中略)

そして、今日のセミナーを聞いていて思い出したのですが、

私の父も父方の祖母も、人のことを信じていません。

世の中に、不信感を抱いています。

その価値観を、私もまるごと引き継いでいるのに、気がつきました。

 

親が強く信じていることは、どんなに言葉で取りつくろっても、

そばにいる子どもには、ごまかしが効かないし、

ダイレクトに影響を受けてしまうんだなと思いました。 

 

だから、親から離れるか、親自身が楽になるかしないと、

子どもは親の影響を受け続けてしまう、そして回復が遅れる。 

ということなんだなあと、理解しました。 

 

リエさんのお話は、私が漠然と感じてきていたことを、

言葉で表現してくださっていて、納得がいきました

(ハラに落ちたのかもしれないです) 。

 

私がまだ実家にいるとき、家族でそろって夕食を食べたり、

旅行に行ったりしていましたが、

セミナーでおっしゃっていた通り、

心のつながりを感じられなくて、いつも寂しかったです。 

 

家でそんなやり方しか学習してこなかったから、

外に出ても、「どうしたら人と会話で仲良くなれるのか」

わからなかったんだと思います。 

(中略)

私自身がもし、親に、私の苦しかった気持ちに共感したり、

寄り添ってもらえたらと想像すると、 

 

それだけで、もう、これ以上勇気づけられることはないし、

生きる活力がわいてきそうです。 

 

自分の生き方を決めて、動き出すことができるような、

自由な気持ちになれそうです。

 

今後の道を決めるときに、「子どもに決めさせるように」

とおっしゃった、リエさんのお言葉にも、共感しました。 

 

今まで「ああしなさい」「こうしなさい」と

親がよかれと思って助言(?)してきたことで、 

子どもも親に従うばかりになってしまい、

自分がどうしたいのかさえ「わからなくなってしまう」。 

まさに、私自身のことだなと感じました。 

 

講座が始まって、最初のほうでリエさんが、 

「親に、学校がつらかった、という自覚があるほうが、

お子さんは案外、大丈夫! 

親が、子どもの気持ちに共感できるから」

とおっしゃっていました。 

 

はじめは、その言葉の意味が腑に落ちていなかったのですが、

今、セミナーを振り返ってみると、 

たしかに、親が子どもの気持ちに寄り添えたら、

子どもも安心できるし、立ち直りも早いだろうなと思えました。 

 

(中略)

私自身、まずはしっかりと愛着を形成できるように、

子どもに接していこうと思いました。 

 

セミナーに参加できて、本当によかったです。

 

セミナーに参加した、◯◯です。

2年前に、個別カウンセリングを受けたときは、

完全に感情マヒで、アタマでだけ理解しようと、必死だったんだなぁ、

と、改めて思いました。

 

あれから、DVDを観たり、メルマガを読んだりして、

新しい気付きがたくさんあり、

日々、リエ先生の言葉に助けていただきながら、

 

少しずつですが、感情マヒがゆるくなっていると感じていました。

 

そして、待ちに待った、今日のセミナー!

 

2年前のカウンセリングで、教えていただいたことと、

大筋は変わっていないと思うのですが、

今回のセミナーを聞いて、

腑に落ちる、ハラに落ちる、

という感覚がすごくあり、

うなずきが止まらない、あっという間の4時間でした!!

 

本当に、参加して良かったと、ハラから思いました。

ありがとうございました。

 

質問コーナーで、細かいところまでアドバイスをいただき、

娘に自信を持って、対応できそうな気がしてきました。

 

頑張り過ぎずに、娘にも自分にも、もっと優しくなろうと決めました。

そう、決めました。娘を大切にします。

ハラから、そう思えました。

 

リエ先生、これからも、よろしくお願いします。

 

大阪セミナーでお世話になりました、◯◯です。

 

セミナーの会場に到着し、先生の姿を見つけた時に、

「私、本当にセミナーに申し込んだんだ!」と、

訳のわからない感動をしてしまいました。

 

セミナーのはじめの方でお話された、

回復途中にある子供に、やってはいけない事。

いきなり、胸にドスンときました。

 

私、やってしまいそうになってました。

あ~、まだまだダメだなと、

子供の気持ちに共感できていない事に、気づかされました。

 

個別カウンセリングでは、先生に、

「よく頑張りました」と言っていただき、本当に、嬉しかったです。

 

人に気持ちを理解してもらうって、

こんな嬉しい気持ちになるんだと、思い知りました。

 

結果ではなく、今、頑張っていることを褒めてもらう。

 

私も子供達に、この嬉しい気持ちを、

プレゼントできるようにしていきたいです。

 

まだまだ頭がかたく、考える事からはじめてしまいますが、

先生がいつも言ってらっしゃる、

「今ここに戻る」

をいつも心に置いて、家族と向き合っていこうと思います。

 

勇気を出して、先生に会いに行って良かった。

何があっても、会いに行こうと決めて、良かったです。

 

昨日の大阪セミナーに参加させて頂きました。

 

昨日のセミナーで感じたことは、

息子が、登校できるようになったプロセスの確認。

そして、再不登校にさせてしまう、

毒親となる可能性のある私への警告だった、ということ。

 

そして、もっと衝撃的だったのは、

昨年、カウンセリングの申し込み後に、

どんどん現実が変わっていっていることを、

私自身が、実感していなかったこと。

 

メルマガの「いまここ」にという感覚が、

ピンとこないまま、読んでいました。

 

カウンセリング申し込み → 息子の登校と継続 

→ 毒◯◯の家からの脱出 → 職場での昇給・昇格

 

この◯ヶ月で、現実がこんなにも変化しているのに、

私自身が変化に気づいていなかった。

 

「いまここ」にいないということ。

 

昨日セミナーで口に出して、初めて気づきました(汗)。

 

それは、まだまだ私が警戒モードから、

抜け出せていないからなのですね。

 

警戒モードにいる私は、あっという間に、

息子を再不登校にする危険性があると、

知らせてくれるためのセミナーだったのだと。

 

そしてもう一つ、わかったこと。

 

私のアダルトもチャイルドも、

「腑に落ちたふり」をするのがとても上手い?こと。

 

顕在意識に、間違った思い込みをさせるのが

得意なチャイルドは、なかなか手強いです。

 

とはいえ、先生が話していたように、

不登校になる子は賢いし、見どころがあり、魅力的。

 

私の子供たちも、私よりずっとレベルの高いところから、

色々感じているのですね。(中略)

 

本当に、彼らは素晴らしいです。

 

そして、今回の一番の収穫?だったのは、他の参加者の話を聞いて、

警戒モードの親は、圧倒的に「楽しんでいない」とわかったこと。

私なんて「楽しんだら、罰が当たる」くらいの感覚でいましたから(苦笑)。

(中略)

「ねばならない」を作り出す、手強いチャイルドを自覚しつつ、

「いまここ」にいる私を信じて、家族と向き合っていきます。

 

リエ先生が、本当に真摯に、

子育てや、親の問題について取り組まれていらっしゃり、

ものすごく、大変なお仕事をされているのに、

サラリと、軽やかにお話しされている様子に、

 

なんだか、すごい方だなぁー。

それに、柔らかな雰囲気で、お綺麗やなぁ(^^)

 

と思っていました。(後略)

 

セミナー(DVD)のおもな内容です

1 わが子の不登校・ひきこもりを経験して

2 不登校は、子供の問題ではなく「自分の問題」

3 潜在意識の中にある「本当の原因」

4 解決のために必須の2つのこと
  ●子供をゆっくり休ませよう ●親のほうが先に楽になろう
5 親の意識を変えていくために

6 親子関係が回復してから、やるといいこと

7 成人のひきこもりは、親の人間不信のあらわれ

8「つながりモード」になって喜びを感じよう

 

ただ「子どもを学校に行かせる」ためではなく、

親も子どもも、本当の意味で「幸せに生きる」ことを目指しています。

 

そのためには、「ねばならない」に囚われた親が、

根本から「変わる」必要があります。

親が変わらないまま、子どもをむりに復学させても、

いずれ、再発してしまうからです。

 

不登校を「制度疲労の問題」ととらえるなら、

日本の義務教育制度を、諸外国のように多様化させれば、

不登校という問題は、一夜にして、解決します。

ですが、時代に合わない親の価値観・生き方を変えなければ、

子どもはいくつになっても、「生きづらい」ままです。

 

不登校になる子も、その親も、

本来、自由志向の強い人たちです。

子どもも親も、もっと自由に、イキイキと生きてほしい。

そんな願いをこめて、お話しています。

 

価格:DVD・動画ともに、各2万5000円(送料・税込み)

お支払いは、銀行振込、クレジットカード払い(PayPal)からお選びいただけます。

【PayPalについて】

安全で確実なお取引のため、クレジットカード(VISA、MasterCard、アメリカンエキスプレスカード、JCBの提携カード)決済として、世界最大のクレジットカード決済代行システム、PayPal(ペイパル)を採用しています。メールアドレスとクレジットカードがあれば、どなたでもご利用いただけます。クレジットカード番号など、支払いに必要なお客様の個人情報は PayPal で一括管理されるため、安全に利用できます。

PayPal にまだ登録されていない方で、クレジットカード払いをご希望の場合、申し込み時に「PayPal(クレジットカード)」を選択して、申し込みフォームを送信し、PayPalのログイン画面の「アカウントを開設する」から、カードの登録とPayPalアカウントを作成すると、カード払いの手続きができます。

PayPalの公式サイトは、こちらです。

 

入金確認後、7日以内の発送となります(申し込み後、ではありませんのでご注意ください)。

※銀行振込の場合、入金確認までに数日かかりますので、PayPal(カード払い)より発送が遅くなります。
振込先は、ゆうちょ銀行です。口座情報は、お申し込み後の自動返信にて、お知らせします。

配送は、ヤマト運輸の宅急便にて、下記のような伝票表記でのお届けとなります。

発送元:㈱TKデザイン
品名:DVD

 

 

「不登校・ひきこもり:だれも言わない『本当の原因』と『真の解決法』」DVD(2枚組)および動画

お申し込みは、こちらです。

※動画をご購入される方は、こちらをご覧ください。

 

※PayPalの画面が出ない方は、info@takahashi-rie.com までお知らせください。

※PayPalの支払いがエラーになる場合、PCからの方はスマホで、
スマホからの方はPCで、試してみてください。

※申し込みフォームが表示できない方は、こちらをお試しください。

スマートフォン用フォーム
https://ws.formzu.net/sfgen/S56742449/

携帯電話(ガラケー)用フォーム
https://ws.formzu.net/mfgen/S56742449/

※海外への配送をご希望の方は、送り先住所、お名前、電話番号を「備考欄」にご入力いただくか、info@takahashi-rie.com あてに、「DVD海外配送申し込み」という件名で、メールでお送りください。

 


◎動画を購入される方は、かならず、以下をよくお読みください。

・携帯で登録される場合は、下記の受信設定を、お願いします。

1:@video-seminar.netの、ドメイン指定受信の設定を、お願いします。

2:「なりすまし」受信の設定も、OKにして下さい。

動画配信版は、決済完了後、ご登録いただいたメールアドレス宛に、
株式会社TKデザインより、2営業日ほどで、
閲覧可能なURL、IDとPWをお送りいたします。

専用ページでメールアドレスとパスワードを使ってログインして、
視聴していただきます。

・スマホで視聴する場合には、Wi-Fi環境での視聴をお勧めします。

動作確認済みブラウザは、以下のとおりです。

■ Windows
・InternetExplorer(最新版+過去2世代分)
・FireFox(最新版)
・Google Chrome(最新版)
■ Macintosh
・Safari(最新版)
・FireFox(最新版)
・Google Chrome(最新版)
■iOS(最新版+過去1世代分)
・Safari(最新版)
■ Android (最新版+過去1世代分)
・Google Chrome(最新版)

 

それでは、DVD、動画でお目にかかれますのを、楽しみにしています。

高橋リエ