現在、リバースカウンセラーは、愛知県、神奈川県、東京都、茨城県在住の4名です。
対面カウンセリングと、ズームによるオンライン・カウンセリングを行っています。オンラインサロン リバース倶楽部の会員様は、ひとりのカウンセラーにつき、1回目は無料、2回目から有料(1万円)になります。
予約可能な日時・場所については、「駆け込み寺」の「お知らせ」にあります、お申し込みフォームから、それぞれのカウンセラーさんにお問い合わせくださいね。

小林純子

こばやし じゅんこ

1973年生まれ。愛知県在住。夫、息子、娘の4人家族。

子どもたちが思春期になるまで、自分は何の問題もなく育ち、子育ても完璧にやっていると思い込んでいました。

それが、息子中学2年、娘小学5年の頃、一変したのです。
息子は些細なことで暴れるようになり、娘は自傷行為を繰り返し、2人とも不登校になりました。
私は何が原因でこんなことになってしまったのか、全くわからず、途方に暮れていました。

試行錯誤するうちに、自分のトラウマ感情、過去に我慢してきたことが、関係しているとわかりました。

感じることに意識を向けてみると、息子の気配がするだけで、なぜかビクビクしていたこと、息子が死んでしまうのではないかと、なぜか不安でたまらなかったこと、娘は我慢するのが当たり前で、我慢しないと友達がいなくなって、独りぼっちになるのではと不安だったことなどに、気づきました。

そんな不安から子どもたちを支配し、言うことを聞かないときは、無視をしたり、理詰めで追い詰めたり、脅したりしていました。

少しずつ、フタをしてきた過去と向きあっていくと、母親を絶対視して従ってきたこと、父親に無視されていたことなど、我慢してきた辛い感情が次々と浮上し、同じ我慢を子どもたちに押し付けてきたことに気づいたのです。

そうするうち、だんだんと不安が減っていき、子どもたちと自然に接することができるようになりました。
毎日のようにあった頭痛もほぼなくなり、過食やゲーム依存気味だったのも、治まってきました。

子どもたちも不登校から回復し、大学生と高校生になりました。
今では、一緒に食事したり、会話を楽しんだりと、何気ないことがとても嬉しく、幸せを感じています。

そして、親子が幸せになるお手伝いができればと、心理療法を学びました。

不登校や自傷行為など、お子さんの問題で悩んでいる方、親や夫の問題でお悩みの方、自分が悪いと落ち込みがちな方・・今が辛くても、かならず元気に、楽になれます。
あなたとお子さんが、元気になるお手伝いができれば、それ以上の喜びはありません。
ご一緒に、悩みの本当の原因を見つけて、解決していきませんか?


Profile Picture

青山朋子

あおやま ともこ

1971年生まれ。神奈川県在住。夫、子ども2人の4人暮らし。

30代 パニック発作 うつ状態 過敏性腸症候群 不整脈・・
家族と一緒にいるときに、動悸や、このまま気が変になるのではないか、と不安に襲われるようになる。
やがて、うつ状態、過敏性腸症候群がひどくなり、家事をすること、自宅から外出することが、困難になりました。

公園で遊んであげることもできず、子どもに楽しい思い出を作ってあげられない自分は、存在する価値がない。頑張ろうとすればするほど、イライラや不安感が強くなり、子どもを大声で叱責したり、手が出てしまうことに自己嫌悪。

「家事や育児がしっかりとできていない自分は、夫や子どもに、必要とされていないのではないか・・」
という妄想に駆られ、自殺願望に悩むようになりました。

「自分が子どものとき嫌だったことを、絶対に自分の子どもにはしない」と思っているのに、なぜ繰り返してしまうのだろう?

「わたしはただ、家族が仲良く、楽しく暮らせる家庭をつくりたかっただけなのに・・」

この現状を変えたくて、高橋リエ先生にお会いしました。
その後、先生のもとで、自身の問題に取り組みながら、心理療法を学びました。

それまで、私をとりまく環境や、人が、私を苦しませると考えていました。
それが、カウンセリングを受けることで、幼少時の私は、大人たちが機嫌を損ねることのないように、
「寂しい、悲しい、認めてほしい」という気持ちに蓋をして生きてきたことに、気づくことができました。

そして、今まで私が苦しかったのは、「幼少期からのトラウマ体験と、抑圧した感情の反動」が原因だとわかり、心療内科や薬で変わらなかったことが、徐々に変わりはじめました。

子どもを遊びに連れていけなかった私が、子どもと旅行に行けるようになりました。
父親と口をきかなった子どもたちが、就活や部活の相談をするようになりました。

本当の感情に向き合ったり、話したりすることで、目の前の現実を変えることができます。

こんなお悩みはありませんか?
〇親や兄弟との関係がうまくいかない
〇パートナーとの関係がうまくいかない。
〇発達障害
〇カサンドラ症候群
〇不登校
〇パニック障害・不安障害

「なぜ、私はこんなことになってしまったの?」
そんな複雑に絡んでしまったお悩みの本当の原因を、お話をすることで、ご一緒に、ひもといてみませんか?


Profile Picture

しぶやさちこ 

1977年生まれ。東京在住。2人の息子の母。夫は現在、単身赴任中。

昭和の後期、ごく一般的な中流家庭の次女として生まれ育ち、人生おおむね順調に過ごしてきました。

自分の家庭を持ち、漠然とした幸せを描いていましたが、夫に不満を抱くようになり、夫婦喧嘩が頻発。子育ても思うようにいかなくて、我が子に怒りをぶつけて自己嫌悪に陥る。

自分の思い描いていた理想の家庭とは程遠く、改善しようと努力しても、一向に良くならない。すっかり自信を失い、家にいても、仕事をしていても、孤独を感じて塞ぎ込むようになっていました。

そんな自分の精神状態の異常に気づいたのは40歳の時。ふと、毒親という言葉が気になり、調べてみると私は毒親に当てはまる。毒親の親もまた毒親とのこと。これには衝撃を受けました。育った家庭は、買い物や旅行に一緒に行く仲が良い家族と思っていたから。

毒親を素直に認められない思いから、向き合うことができず、子育て講座や男女のコミュニケーション講座を受けてスキルで解決しようとしました。しかし、良くなったと思ってもまた悪くなる。

もはやどう頑張ったら良くなるのかわからず、藁をも掴む思いで受講したのが、高橋リエ先生の講座でした。心理学理論や心理療法について学び、カウンセリングを受けて、自分の内面に取り組み、今では生活が180度変わりました。新しい問題が出てきても、自分で解決できるようになり、悩むことが減りました。

現在は、その経験を活かしてカウンセラーとして活動しています。

悩みの原因が幼い頃にあるとわかっても、記憶では思い出せないないことありませんか?

そんな時は、潜在意識にアプローチして現実が変わるようサポートしています。


 

Profile Picture

樫木ひろみ 

かしき  ひろみ

1978年生まれ。茨城県在住。夫、2人の子ども、父、母の6人暮らし。

10代の頃から過敏性大腸炎、パニック、PTSD、慢性的なうつ症状があり、少し良いことがあっても、またすぐに真っ黒い闇が降りてくるような感覚がつきまとい、
「もう一生抜け出せないかもしれない」「死んだら楽になれるのかな」と考えてしまう日々でした。

長男の発達障害(ADHD、自閉症疑い)で、育児に悪戦苦闘。長男のちょっとした発言や言動に、イライラしては爆発、時には声をあらげ、手をあげてしまうことも。

このままではいけないと、育児書や発達に関する本を読みあさり、知識だけはついても実践できず、反省しては、同じことを繰り返してしまう毎日。

そんな悪循環から抜け出すべく、高額セミナーや子育てセミナーに参加しても、効果があるのは数日のみで、また元の生活に戻ってしまい、さらに自己嫌悪。

「なぜ、私は子どもにやさしくできないのだろう・・・ダメな母親。息子がかわいそう・・・」

そんな中、出会ったのが、高橋リエ先生でした。

心の奥底では感じていたけれど、表に出すことも、自分自身で受け入れることもできなかった、イライラの本当の原因をつきとめ、「過去のトラウマ体験と感情」に正面から向き合っていくことで、あれだけ何をやっても効果がなかった毎日が、徐々に穏やかになり、長男も落ち着きはじめました。

私は3姉妹の真ん中、育った環境は、子どものちょっとした振舞いに、怒鳴り声をあげながら暴力を振るう父親、不平不満、愚痴ばかり言う母親。私はそんな母の聞き役、慰め役を、物心つく頃からしてきました。

そして、共働きの両親に代わり、日中面倒をみている祖母からの姉妹間の差別的扱い、執拗ないじめ・・・
味方してくれる人も、慰めてくれる人も、心から甘えられる人もなく、ただただ、ひたすら耐える日々でした。

世間体を重視する母親からは、「家の中のことは、絶対、誰にも話すんじゃない」と言われ続けてきました。

気づくと、周りの人の顔色ばかり伺い、自分の本音が言えず、人とのコミュニケーションに怯え、作り笑顔の裏側は、いつも焦りや不安でいっぱいでした。

なんでも一人で抱え込み、孤独感や不安感、恐怖感で押し潰されそうなときでも、他人には大丈夫なふり、上手くいっているふりをし続けてきたことに気がつきました。

大人になってからも、集団が苦手で、疎外感や孤独感がつきまとい、ママ友付き合いも苦痛に感じ、どこかなじめない不器用な自分を、ずっと責めて生きてきました。
この感情とも向き合い、受け入れ、チャイルドを癒すことによって、人付き合いもラクになってきました。
 
現在、両親と同居しておりますが、以前は境界線などなく、当たり前のように娘の気持ちに土足で入り込む両親にたいして、何が嫌か、不満・不快かを、繰り返し伝えてきたことで、両親との間にも、はっきりと境界線を引くことができ、ラクに暮らせるようになっています。

好きな心理学を学び続け、効果を実感できた療法を取り入れていくことで、その人らしい、本来の生き方をサポートできればと思っています。

思いきって真実を話すこと、真の感情と向き合うことで、徐々に心身が軽くなり、トラウマは解消されていきます。

「話す」ことは「離す」こと。
あなたも、安心安全な場所で、まずはお話してみませんか?

Profile Picture